TBS

ICT局の取り組み紹介

もじこ


5冠!の「文字起こし」エディタ
音声認識AIの活用で業務を圧倒的に軽減!

2週間の無料トライアルはコチラ
(販売代理店:吉積情報)

発売開始

世界125か国以上の言語に対応、インタビューや音声・動画も簡単に文字起こし、誤認識も繰り返し聴きながらスグに修正が可能。 タイムコードとの連携、メモの挿入機能、話者設定など、放送現場の声を取り入れた便利な機能が盛りだくさん!「もじこ」は あなたに寄り添いながら文字起こしのお手伝いをします。

5冠達成!(2019-2020)

  • 「経済産業大臣賞」/日本映画テレビ技術大賞
  • 「IT賞」(マネジメント領域)
  • 日本民間放送連盟賞 技術部門「優秀賞」
  • 映像情報メディア学会 技術振興賞「進歩開発賞」
  • 日本映画テレビ技術協会「技術開発賞」

もじぱ


2冠!のリアルタイム字幕生成システム
「ひとり」で「正確な」生放送字幕を付与!

システム導入のお問合せはコチラ
(販売代理店:トラフィック・シム)

発売開始

TBSでは聴覚に障害を持つ方を含めすべての人に優しい放送を届けるべく、長年にわたり字幕放送に取り組んでいます。 これまでは、高速タイピングスキルを持つオペレーターたちが、 阿吽の呼吸で「リレー方式」と呼ばれる複数人連携のキーボード入力で行ってきましたが、 「もじぱ」は、音声認識AIを活用し、スマホのような操作感のタッチパネルで誤認識をすばやく修正、 操作しやすいモニタ環境を構築。「ひとり」で「正確な」字幕作成を可能にしました。 生放送字幕業務の大幅なコストダウンを実現しています。

2冠達成!(2020-2021)

  • 日本民間放送連盟賞 技術部門「優秀賞」
  • 映像情報メディア学会 技術振興賞「コンテンツ技術賞」

協力

  • TBSグロウディア
  • ソニービジネスソリューション
  • フォレストダインシステムズ

もじダス


番組制作ワークフローに「時短」革命!
「テロップ」作成支援エディタ

番組制作のワークフローを大きく変える「もじダス」は、テロッパーと連携させた業務改善エディタです。 音声認識でVTR素材を自動テキスト化すると同時に、発話タイミングの「In/Out点」を自動検知。 これによりテロップをタイムライン上に自動配置し、これまでの1フレーム単位での地道なIn点探しを無くします。 発話者ごとのスタイル連携やレイアウト指定(縦/横書き、左右中央寄せ、画面配置)、 情報テロップ(名前・場所・日時等)の付加も「もじダス」上で可能です。番組編集のテロップ作成・挿入作業を大幅に軽減させ、 制作スタッフと編集マン、双方の作業効率を飛躍的に向上させ、よりクリエイティブな番組演出を可能にします。

協力

はるすけ


2020年度「IT奨励賞」(コラボ領域)受賞
サイネージでDXによる業務削減を実現!

システム導入のお問合せはコチラ
(販売:日立製作所)

発売開始

TBSを訪れるゲスト出演者に楽屋の場所を知らせる「楽屋バリ」。TBS開発の「はるすけ」は、放送センター内の約60か所にサイネージモニターを設置し、 古き良き紙文化での「楽屋案内」や「スタジオ収録スケジュール」掲示を、デジタルに置き換えるシステム。 貼り紙業務をweb化することで、紙資源の削減はもちろん、1枚ずつ紙を貼って回る「物理的移動」と「接触機会」をゼロにし、番組制作スタッフの業務削減、 働き方改革にもつながっています。テレワークで自宅に居ながら、瞬時に貼り出しが可能です。

  • (公社)企業情報化協会 2020年「IT奨励賞」(コラボ領域)

協力

  • 日立製作所
  • 日立ケーイーシステムズ
  • イトーキ

AoIかなえ


AIチャットボット「社内お問合せ」対応
オリジナル2Dアニメーション

TBSテレビICT局に所属する「碧かなえ」さんは、24時間365日休むことなく社内のお問い合わせにお答えしています。無機質になりがちな自動応答にチャーミングなキャラクターを採用することで利用促進につながっています。

協力

  • TBSアクト
  • Live2D
  • 日立システムズ
  • イクシーズラボ

かおたん


顔認証技術を活用したシーン検索システム
出演者の顔を認識し編集の時短化

<かん単>に<お顔>を<たん索>できる「かおたん」。出演者の登場シーンを人物ごとにタイムライン上に表示させ、動画編集の<時たん>を狙います。

TBS × ICTへのお問い合わせ

mojiko.info@gr.tbs.co.jp